産官学連携について


 

オークツ株式会社では慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の
Creative Industryチームと連携して産官学で地域活性化のプロジェクトを推進しています。

主に、商品・サービス開発、観光開発、シェアリングエコノミーなどをテーマに活動。
福井県鯖江市のプロジェクト拠点「COTOBA」(リンク先参照)などを活用しながら
「デザインシンキング」を用いて地域の特性を生かしたハンズオン型の事業を全国で実施。

地域活性事業については国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)が
発行する月刊誌「産学官ジャーナル2018年1月号」にも特集されています。

 

【参考記事】伝統技術で投資不要のヒット商品を生み出す
―慶應義塾大学伝統工芸みらいプロジェクト(産学官連携ジャーナルWeb版)


PDF版(p12に掲載)

 


 

プロジェクトをご一緒してみませんか?

 

まずはお気軽にコンタクトしてください。
実際のご支援は以下のアプローチで行っています。

「セミナーや勉強会」などの講師などでまずはお伺いして
地域の実情などをお伺いしながらプロジェクト設計を行っています。

 

お問い合わせは「こちら」から。

 


 

具体的なプロジェクトのアプローチ例